こんばんは。

今日は、「お金の増やし方は大きく分けて3種類」について、お話したいと思います。

以前のブログ「お金とは何か」では、その本質は「信用」であり「負債」であると述べました。

ピンと来る方は少ないかも知れませんが、以下3つの「お金」の役割に関してはイメージできるのではないでしょうか。
・価値の尺度
・交換(決済)
・価値の保存

しかし、普段の生活でお金を使う際、そんなことは意識しないですよね。
「お金=欲しいモノやサービスを手に入れることができるもの」というのが、多くの方がすぐ思いつく考えであり、「生活の質を上げたい」から、もっとお金が欲しいと考えているのではないでしょうか。

ただ、最近は、老後資金が心配だから、お金を増やしたいと考える方が増えていますよね。

なお、お金を増やすには、以下、大きく分けて3種類しかないです。

①収入を増やす
②支出を減らす
③運用効率を高める

qimono / Pixabay

 

前回のブログで案内しました金融庁発表の「『高齢社会における資産形成・管理』報告書(案)」の掲載の資料「資産寿命を延ばすために必要だと思うこと」からも、それが読み取れるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

・現役で働く期間を延ばす→①収入を増やす
・生活の節約を心がける→②支出を減らす
・医療費を削減する→②支出を減らす
・資産形成に取り組む→①収入を増やす(③運用効率を高める)
・共働きや副業で収入を増やす→①収入を増やす

 

お金を増やすのに、「①収入を増やす」や「②支出を減らす」については、みなさん意識して取り組んでおられる方も多いですよね。
しかしながら、「③運用効率を高める」という考えができないのは、そもそもお金の話をするのは良くないという認識の方が多かったですし、投資=騙される、怖いといった先入観を持たれている方も多いですから仕方ないですね。

 

また、サラリーマンは、税金を自動的に徴収される「源泉徴収」という仕組みの中で生きてきており、給与-(税金+社会保障費)=手取り給与(可処分所得)というマインドや、収入-支出=貯蓄というマインドが染みついているので、これまた仕方ないことだと思います。

お金を増やす①~③の詳細につきましては、また、それぞれテーマとして取り上げて行けたらと考えております。

①収入を増やす
・給与を増やす(昇給、転職)
・共働きをする
・本業以外に所得を得る

②支出を減らす
・家賃を減らす、無理して家を買わない
・過剰な保険を見なおす
・教育費を見直す

③運用効率を高める
・レバレッジを効かす
・リスクとリターンを考えた(≠利回りの高い)運用
・複利運用、再投資
・時間を味方につけた長期運用
・税制を理解して利用する

それでは、今回はこの辺で。
素敵な週末をお過ごしください。

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です