こんにちは。
前回のブログでは、「まずは資産を買いましょう」ということについて、お伝えしました。

まずは資産を買いましょう。

今回は、お金を増やすには、「お金を使う順番を変えよう」ということについて、お伝えしたいと思います。

 

ほとんどのみなさんのお金の使い方は、下図の流れになっていると、前回のブログでもお伝えしましたね。

①給与所得から、まず、税金や社会保障費を源泉徴収で差し引かれ、その残りを手取り給与(可処分所得)として銀行口座に振り込まれる。
②そこから、家のローン(もしくは家賃)や食事代などの生活費が支出として出ていき、
③残れば、銀行口座にそのまま預金として残る(貯蓄)。

しかしながら、このやり方ですと、ある一定金額を毎月残すことは難しいですし、中には、支出が収入を上回ってしまっている方もおられますので、お金を増やしたいのであれば、「お金を使う順番」を変えていただきたいのです。

要は、給与収入が銀行に振込まれたタイミングで、ある一定金額を別の口座に移すように手続きしておき、残りの金額の中で生活するということです。

お金が残らない、貯まらない、あるだけ使ってしまうという方は本当に多いですが、このお金を使う順番に変えるだけで、どんどんお金が溜まっていくことになります

ほどんどの方が、手続きが面倒くさいといった心理的ハードルを感じ実行に移さないだけですが、手続きは、ただ、自分の給与が振り込まれる銀行に定期口座を作るだけでもできます。

毎月、給与が支払われる口座に給与が振り込まれた後、自分で決めた金額が、定期口座に移るだけ。

この仕組みを一度作ると、毎月自動で定期口座に、一定額ずつ貯まっていきます。

最初は、通帳を確認するかも知れませんが、そのうち通帳も見なくなり、気づいたらお金が貯まっていたという状況になります。

 

実はこれ、わたくし自身が社会人になってからずっと続けてます。
もちろん、現在は、ある程度お金が貯まってきたら、資産購入に充当しています。

まさに、下図の流れですね。

毎月、天引きした一定金額(ここでは毎月10万円とします)が定期口座に溜まっていく。

お金を貯めるといった点では、この仕組みを作るだけでも良いですが、前回のブログでもお伝えしましたとおり、インフレーション(通貨の価値が長期的に下がっていき、物価が上昇していく)が進んでいくと、貯めてあるお金の価値はどんどん目減りしていきます。

その為、その目減りを上回るような運用益を上げられる資産を所有しておくべきなのです。

 

上の図で説明しますと、毎月10万円を給与天引きで1年間貯め、その120万円を使って「資産」を買うのです。

計算しやすいように利回り10%/年の商品を買うことにしてありますが、その場合、1年後には12万円増えて、資産の合計は132万円(120万円+12万円)になります。

仮に、政府が目標としている2%のインフレーションが起こった場合は、せっかく貯めた120万円から24,000円/年を失うイメージです。

また、このインフレーションが10年続いたとすると、単純計算で24万円を失い、120万円が96万円の価値になってしまう計算です。

 

繰り返しになりますが、そのインフレーションによる資産の目減りに負けないように、その目減りを上回るような運用をしておいた方が良いとお伝えしている訳です。

ちなみに、ボーナスの場合も同様です。

※住宅ローンの支払いに充当している家庭も多いかと思いますが、できる限り、最初は資産を買うことを優先してください。

上図の例でお伝えしますと、毎年ボーナスから天引きした120万円で資産を買うとします。

1年後には、その120万円が12万円増えます。
2年後に天引きで同額の資産を買ったとしますと、運用益は252,000円
3年後に天引きで同額の資産を買ったとしますと、運用益は397,200円
4年後に天引きで同額の資産を買ったとしますと、運用益は556,920円
5年後に天引きで同額の資産を買ったとしますと、運用益は732,612円

5年間、毎年頑張って120万円を天引きし、資産の追加購入に当てていたら、

・5年後には、総資産は8,058,732円となっている。
・資産を購入せずに、ただ貯めていたら5年後の総資産は6,000,000円。
・仮に、6年目以降は120万円の天引きをせず、総資産8,058,732円をそのまま運用するだけでも、毎年805,873円の運用益が入ってくる。

 

ここで、みなさんに意識して頂きたことは、

5年間頑張って、毎年120万円を天引きして資産購入に充当していけば、総資産が増えていくのはもちろんのこと、ある程度の運用利回りの良い資産を引き続き所有していれば、毎年の運用益だけでもかなりの金額になるということです。

 

どういうことか上記の例で説明すると、毎年ボーナス払いにしている住宅ローンの支払いは資産の運用益だけで返済していけるので、ボーナスは自由で使えるということです。

 

まさに、お金に働いてもらって、自分の代わりに稼いでもらう。
ローンの返済をしてもらう。

 

わたくしが、前回のブログから、「まずは資産を買いましょう」、「お金を使う順番を変えよう」とお伝えしているのは、できるだけ早く、そのような仕組みを作って頂きたいからです。

 

みなさんは何のために働いていますか?

働く理由は人それぞれですし、わたくしがとやかく言うことではないのですが、お金のために働いている方は、「お金に働いて貰う仕組み」を創られると人生の選択肢が拡がりますので、ぜひ試してみてください。

お金のために残業をして、家族や大切な人との時間を削られている方。
その家族とは、この先どれだけ一緒に過ごせますか?

少しずつでも良いので、「お金に働いて貰う仕組み」にシフトしていき、家族や大切な人と過ごせる時間を増やしてください。

以上、お役に立てましたら幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です