公的年金には、3種類あり、その人の働き方により加入する年金制度が決まっています。

そして、よく家にたとえられて「1階建て」「2階建て」「3階建て」で分けられますが、当然、「1階建て」より「3階建て」のほうが、受け取る年金額は多くなります。

 

1階部分は「国民年金」
家でいうところの土台=基礎部分であるため、(老齢)基礎年金と呼ばれます。日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人に加入義務があります。

 

ちなみに、平成30年度(平成30年4月~平成31年3月まで)は、月額16,340円を納めておられます。
会社員や公務員の方だと、毎月の給与やボーナスから厚生年金や共済年金と合わせて天引きされているため、知らない方も多いかと思いますが、
一度、調べてみるのも宜しいかと思います。

 

なお、受け取れる年金額は加入期間で決まり、20歳から60歳になるまでの40年間、全期間保険料を納めた方は、65歳から満額の(老齢)基礎年金が支給され、その金額は779,300円となります。
※上記は平成30年4月分からの年金額であり、原則として、毎年4月に改定されます。

 

また、この基礎年金は、65歳から支給されますが、本人の希望により60~64歳のいつからでも受給できます。これを「繰上げ支給」といいますが、「0.5%×繰上げた月数」が減額されて、一生、減額された年金を受給することになります。

 

逆に、65歳からではなく、支給開始を繰り下げて70歳までの間に受給することもできます。これを「繰下げ支給」といいますが、「0.7%×繰下げた月数」増額されて、一生、増額された年金を受給することができます。

 

わたくしの場合、2017年12月までの年金加入記録が示してある「ねんきん定期便」を確認したところ、これまでの加入実績に応じた受給できる国民年金=(老齢)基礎年金額は、423,744円(年額)でした。

 

次回は、2階部分「厚生年金」について確認していきます。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

1 コメント

  1. ピンバック : 私たちは毎月、年金保険料をいくら払っているのか? | 逆算で考える資産構築

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です