おはようございます。さきしんです。

産業用太陽光発電で得られた電力は、国が定める価格で一定期間電気事業者が買い取ることを義務付ける制度「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって、20年間は買取ってもらえ、売電収入を得ることができましたね。

2019年度に許可が得られた設備に対しては、14円+税/kWhでの買取でしたよね。

サラリーマンこそ始めるべき「産業用太陽光発電投資」とは①

では、20年後はどうなるか。

固定価格買取制度は終了となりますので、20年後は電力会社に買い取ってもらえないというのが基本的な考えですが、わたくしは、その時の状況によりますが、引き続き買い取ってもらえる可能性はあると考えております。

以下で、その理由を説明します。

 

電力会社によっても異なりますが、東京電力管内で見ますと、現在、一般家庭のほとんどが、従量電灯Bという契約しております。電気代は、主に、以下2つの要件で決まってきますが、

・契約アンペア数(10A~60A) によって基本料金が決まる。
・電気を使う量によって、1kWhあたりの料金単価が3段階で累進する。

下記条件で東京電力のホームページで算出すると、

・電気料金プラン・・・従量電灯プランB
・契約容量・・・30A(アンペア)
・電気使用量・・・350kWh(キロワットアワー)

合計金額は、10,037円(税込)となり、1 kWhで計算すると、28.68円となります。

一般家庭に28.68円/ kWhで販売している訳ですので、この金額よりも安い金額で買い取ることができれば、電力会社も得をするということです。

それこそ、2019年度の買取価格は14円+税/kWhでしたので、引き続きこの価格で買い取れば、利益が出ますよね。

 

ちなみに、ここまで考えると、「産業用太陽光発電」のおいしい果実を得られるのも、あと少し? のブログで掲載しました、下記2つの産業用太陽光発電の案件を比較すると、売電価格が半分以下の2018年度売電価格の案件の方がおいしいですよね。

・2018年度売電価格
19.44円×パネル容量111.6kW=¥2,332,644

・2012年度売電価格
43.2円×パネル容量50kW=2,382,912円

固定価格買取制度が終わった後は、単純にパネル容量(太陽光パネルの枚数)が多い方が有利ですので当然ですね。

 

なお、電力会社側としても、産業用太陽光発電所を設置する際に、新たに電柱を立てたり、電線を引き込んだりしてコストを掛けた案件もありますので、安い価格で買い取れるのであれば、引き続き利用したいと思うはずですよね。

(次回に続く)

 

ブログランキングに参加しました。
より多くのみなさんが、知らないだけで損をしないように、クリックして協力いただけますと幸いです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です