どちらも「投資信託」で「インデックスファンド」を利用し、「長期」「分散」「積立」して運用することには適した制度の「iDeCo」と「つみたてNISA」。

iDeCo つみたてNISA 比較(PDF)

 

それぞれ一長一短ありますが、それぞれわたくしがおススメする対象者は下記の通りです。

 

 

「iDeCo(個人型確定拠出年金)」

【対象者】 所得が多い方、自営業者、会社員で企業年金がない方

【理由】 掛け金全額が所得控除になりますので、大きな節税メリットがあります。

 

仮に、年収500万円の方が毎月23,000円の掛け金を積み立てるとすると、年間約82,800円程度が節税、
また、自営業者の方で、毎月の掛け金を上限68,000円にした場合、年間で約244,800円の節税になります。

 

【デメリット】資金の引き出しは60歳になるまでは原則不可となりますので、それまでに資金の引き出しが必要になりそうな方は、「つみたてNISA」を利用ください。

 

※会社員で企業型確定拠出年金がある場合は、そちらを優先してください。

 

 

「つみたてNISA」

【対象者】 20~30代の若い方、所得が少ない方

【理由①】 これから何があるか分からない不確実な時期が長い20~30代の若い方は、資金の引き出しが
いつでも可能な「つみたてNISA」はマッチしている。

【理由②】対象商品は金融庁が定めた投資信託・ETFとなるため、安心して始めやすい

【理由③】年間の上限額は40万円ですが掛け金は所得控除にはならないため、万が一の引き出しを想定
しながら、総額800万円まで積み立て運用ができる。

 

いかがでしたでしょうか。

 

「iDeCo」か「つみたてNISA」のどちらで始めようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です