先日、ファミレスで食事をしていた際に、隣のテーブルの話が聞こえてきました。

自分は本を読んでいたのですが、自分の興味がある話題でもあり、気づいたら本の内容は頭に入らなくなってました。

高齢者夫婦に対し、中年の女性が投資話をしている内容でしたが、その内容がポンジスキームといった詐欺的な内容に思えました。

割って入ろうかとも考えましたが、知人との待ち合わせに遅れてしまうしどうしようかと悩んでおりましたところ、ちょうどご主人がトイレのために席を立ったため、わたくしも会計に向かいながら、家族に相談した方が良いと、アドバイスだけさせていただきました。

わたくしは、よくホテルのラウンジやファミレスで本を読んだりしているのですが、不動産投資、海外積立投資、保険、最近は仮想通貨のセールスをしているのを見かけます。

商品自体は悪くないものもありますし、販売員も本当にその顧客の利益になると信じて営業をしている方もいるでしょうが、顧客と販売会社の利益相反が生じていることが多いです。

自社の利益を優先し、手数料を高く取れる商品を紹介したり(銀行、保険会社)、買ったり売ったりを繰り返し手数料で儲けたり(証券会社)、明らかにキャッシュフローがマイナスなのに、月々1万円でマンションが手に入ると紹介する不動産会社など。

販売会社が襟を正し、しっかりお客様からヒアリングし、本当にその人に適した商品を紹介したり、適した商品がなければ販売しなかったり、場合によっては、他業界の人間や商品を紹介する。

そのような世の中になれば幸いですが、それもなかなか難しいため、消費者自身が正しい知識を身に付ける必要があると考えております。

わたくし自身、あらゆる投資商品を経験してきており、追々、掲載していきますので、ご自身のライフプランの参考にしていただけましたら幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です