万が一、病気やケガで障害者になった場合、一定の要件を満たせば、障害の程度に応じて、
年金や一時金が支給されます。

 

国民年金の障害年金(障害基礎年金)には、1級と2級があり、厚生年金の障害年金(障害厚生年金
には、1級と2級、3級の他、3級より軽い場合に障害手当金があります。

 

障害基礎年金
【1級】 779,300円×1.25 + 子の加算
【2級】 779,300円+子の加算

※子の加算
第1子・第2子 各 224,300円
第3子以降   各 74,800円

仮に、障害等級1級に該当し、18歳到達年度の末日(3月31日)までにある子が二人いれば、
974,125円+224,300円+224,300円=1,422,725円/年が支給されます。

 

障害厚生年金
【1級】
(報酬比例の年金額) × 1.25 + 〔配偶者の加給年金額(224,300円)〕※
【2級】
(報酬比例の年金額) + 〔配偶者の加給年金額(224,300円)〕※
【3級】
(報酬比例の年金額) 最低保障額 584,500円
※その方に生計を維持されている65歳未満の配偶者がいるときに加算されます。

 

なお、上記載の計算式において、(報酬比例の年金額)とは、(老齢厚生年金の報酬比例部分)と同様の計算式となり、その計算式は日本年金機構のホームページに記載されておりますが、前回、案内しました標準報酬月額から簡単に確認できますので、協会けんぽのサイトより確認してみてください。

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です