前回のブログで「どんな投資信託を買ったら良いか」を紹介しました。

そして、何度も「アセットアロケーション(資産配分)」の重要性をお伝えしてきました。

それでは具体的にポートフォリオを組んでみましょう。

これまた何回かブログで紹介しております「バートン・マルキール氏の財産4分法」を参考にして、
30代半ばの方の場合(不動産10%、現金5%、債券30%、株式55%)で、仮に毎月3万円ずつ積立投資ができるとして組んでみます。

【不動産投資信託】SMT J-REITインデックス・オープン  5%(1,500円)

【不動産投資信託】SMT グローバルREITインデックス・オープン 5%(1,500円)

【現金】                        5%(1,500円)

【外国債券】ニッセイ外国債券インデックスファンド    15%(4,500円)

【新興国債券】eMAXIS新興国債券インデックス    15%(4,500円)

【国内債券】定期預金                   0%

【日本株式】ニッセイ日経225インデックスファンド  15%(4,500円)

【先進国株式】ニッセイ外国株式インデックスファンド 20%(6,000円)

【新興国株式】eMAXIS Slim新興国株式インデックス  20%(6,000円)

いかがでしょう。

上記を参考にして、ご自身のポートフォリオの配分はイメージ出来ましたでしょうか?

上記はあくまでも参考ですので、ご自身の年齢やお持ちの資産、また投資に回せる金額などによって、

続けて行ける、無理のない金額で設定してみてください。

わたくしは国内債券への投資はお勧めしません(アセット・アローケーション(資産配分)参照)が、国内債券に投資したい方はすれば良いですし、新興国に先進国と同じ割合を配分したくない方はそのように配分すれば良いですし、やはりアメリカの成長率は魅力なのでアメリカの配分を多くしたい方は【先進国株式】楽天・全米株式インデックス・ファンドを追加してみるのも良いと思います。

その他、すでに実物の不動産に投資している方は【不動産投資信託】は必要ないですし、

すでにある程度の貯金がある方も【現金】の積立ては必要ないですので、ご自身に適した

配分の調整をしてください。

大切なことは、一度決めた配分は変えずに、淡々と積み立てることです。

自然とリスクが分散され、それぞれの資産クラスが上がったり下がったりしながら、資産が積み上がっていきます。

最初は、値動きが気になるでしょうが、たとえ下がったりマイナスになる資産クラスがあっても、焦って売ってはいけません。我慢して「何もしない」でおくのです。

企業型確定拠出年金」のブログでお話した、ドルコスト平均法は覚えておられますでしょうか。

ドルコスト平均法とは、定期的に一定の金額で金融商品を購入する投資手法でしたね。
毎回、一定の金額分を買うことにより、高値のときは少なく、安値のときは多く買うことができるわけですので、下がる資産クラスはそれだけ安く、多く、買えている訳です。

慣れるまではなかなか理解できないかも知れませんが、「何もしない」のに慣れると、

値動きも気にしなくなり、次第に資産が積み上がっていきます。

自動引き落としで積立投資。

短期の値動きは気にせず、「時間」を利用して、長期で「複利」で増やしていく。

時間を利用する訳ですので、なるべく早く始めることが重要です。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です