こんばんは。さきしんです。

以前のブログでは、確定拠出年金(個人型)/iDeCoについて、メリット、デメリットを踏まえお伝えしました。今回は「つみたてNISA」について、お伝えしたいと思います。

iDeCo/個人型確定拠出年金について理解しよう

iDeCo/個人型確定拠出年金のメリットとは!?

つみたてNISAは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で、対象商品は、金融庁が定めた投資信託・ETFとなるため、投資初心者でも安心して始めやすいです(下図は金融庁HPより)

 

 

 

制度の概要を纏めましたので、下図のつみたてNISA」の項目をご覧ください。

つぎに、まずは、デメリットを考えてみましょう。

デメリット①

購入できる金額(非課税投資枠)は年間40万円まで
その年の非課税投資枠の未使用分があっても、翌年以降に繰り越すことはできない

デメリット②

NISA口座で保有している投資信託に損失が出た場合でも、他の口座で保有している金融商品の利益との相殺(損益通算)はできない。

デメリット③

現状、つみたてNISAは2037年までの制度。
(購入した投資信託については、20年間非課税で保有することができる)

 

投資初心者にとっては、それほどデメリットと感じられる部分はないですね。
続いて、どんなメリットがあるか見ていきましょう。

 

メリット①

対象商品は、金融庁が長期投資に適していると定めた投資信託・ETFだけを厳選しているため、投資初心者でも安心して始めやすい。

対象商品についてはこちら
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-2/26.pdf

 

メリット②

金融機関により異なりますが、投資金額が100円から始める事ができますので、お小遣いの範囲でスタートする事もできる。またiDeCoと違って途中解約が可能ですので、急にお金が必要になった時にも安心です。

 

メリット③

毎年40万円を上限として投資信託が購入可能。
投資で得た利益が20年間、課税されない。

 

メリット③
最大800万円まで非課税で保有できる。
非課税期間の20年間が終了したときには、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に払い出されます。

 

つみたてNISAは投資できる金額は、毎年40万円が上限であり、月平均で考えると約3万3333円です。また、最長20年間、運用できるので、長期でコツコツ積立投資できる方にはお薦めです。

そして、iDeCoと違って途中解約が可能ですので、まずは何か始めたいと考えている方にとっては、都合の良い商品と言えます。

 

ますは、行動することが大切です。
100円から始める事ができますので、まずは投資に慣れていきましょう!

ブログランキングに参加しました。
みなさんに有益な情報を提供していく励みになりますので、
クリックして応援いただけますと幸いです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です