前回のブログで「卵は一つのカゴに盛るな」という格言の話をしました。

要するに分散することが大切ということですが、もうひとつ覚えておいた方が良い考えとして「アセット・アローケーション」があります。

アセットは「資産」、アローケーションは「配分」のことですので、資産の配分を決めるということです。

 

投資のリターンは、アセット・アローケーションによって90%程度が決まると言われておりますので、どのようにアセット・アローケーション(資産配分)するかはとても重要になってきます。

長期投資において重要なのは、「どの銘柄を選んだら良いか」、また「どのタイミングで買ったり売ったりしたら良いか」よりも、「どの資産をどのように配分するか(アセット・アローケーション)」かで
投資のリターンは決まるのです。

 

では、普通の会社員がどのようなアセット・アローケーション(資産配分)をしたら良いのか。
その答えは、「人によって異なる」です。

その理由は、各々の年齢や家族構成、年収や資産状況、何歳までにいくら必要か、そしてリスク許容度などによって、適したアセット・アローケーション(資産配分)は異なるからです。

 

以前のブログで「ファイナンシャルリテラシー」について記載しましたが、我々がファイナンシャルリテラシーがないことを利用して、銀行、証券会社、郵便局、保険会社などは、自社の売りたい、手数料が多く取れる商品を進めてきます。

 

また、雑誌やネットなどでも多くのファイナンシャルプランナーがお勧めのプランを紹介しておりますが、人はそれぞれ状況(年齢、家族構成、年収、資産状況やリスク許容度など)が異なるため、
不特定多数の方に同じ商品を紹介することは難しいですし、プロとして無責任だと思います。

 

とはいえ、「人によって異なる」からと方向性も示さぬままですと、それこそ無責任だと言われるかも知れませんので、いくつか方向性を示す例を紹介したいと思います。

 

① バートン・マルキール氏の「財産4分法」
20代半ばの場合:不動産10%、現金5%、債券20%、株式65%
30代半ばの場合:不動産10%、現金5%、債券30%、株式55%
40代半ばの場合:不動産12.5%、現金5%、債券37.5%、株式45%
50代半ばの場合:不動産15%、現金10%、債券50%、株式25%

バートン・マルキール氏は、全米累計150万部を超え、投資の名著として絶賛されるベスト&ロングセラー「ウォール街のランダム・ウォーカー」の著者。

わたくしも、2006年に日本株で大損をしてから、この本の影響でインデックファンドでの積立投資に転換しましたので、ぜひ一読されることをお勧めします。

要するに、定年退職に近づくほどリスク資産への投資は少なくしていくべきで、若ければいくらでも挽回できるので、リスクをとって増やしていきないということです。

ただ、さすがに普通の会社員で資産の10~15%を不動産で持つなんてことは難しいので、ここはREITといった不動産投資信託で良いと思いますし、代わりに金の投資信託でも良いと思います。

 

② 「100マイナス自分の年齢」法
たとえば、あなたの年齢が45歳であるならば、100マイナス45歳=55%をリスク資産へ投資すべき数値としています。

バートン・マルキール氏の「財産4分法」のうち、株式と不動産をリスク資産と考えると、
年齢に対するリスク資産の割合は以下のようになり、2つともほとんど同じ割合を示しています。

20代半ば(25歳)の場合:リスク資産75%
30代半ば(35歳)の場合:リスク資産65%
40代半ば(45歳)の場合:リスク資産55%
50代半ば(55歳)の場合:リスク資産45%

その人によって状況(年齢、家族構成、年収、資産状況やリスク許容度など)は異なりますが、基本的には上記を参考にして資産を配分していただくことをお勧めします。

 

但し、60歳以降に受給できる公的年金の約35%程度(平成26年10月までは60%)が国内債券で運用されています。また、最近、投資を始められた方でも、多くの方が国内債券への配分割合を多くしております。

わたくしからすると、皆様が貯金しているお金で民間銀行が日本国債を買っている訳ですし、
年金として受ける金額の35%程度が日本国債で運用されている訳ですし、さらに、せっかく給与から一部を投資に回しているのに、その金額まで国内債券に配分するのはいくらなんでも偏りすぎだと思います。

そのような点も踏まえて アセット・アローケーション(資産配分)をしていただくことが重要です。

 

本来であれば、そのような投資商品を販売している人間が正しい知識を持ち、顧客の状況や資産運用の目的を把握した上で、それぞれに合った投資商品を紹介すべき、もしくは資産配分のリバランスを提案すべきですが、悲しいかな、利益相反が起こっていることがほとんどです。

ぜひ、ご自身がこのブログで「ファイナンシャルリテラシー」を付けていただき、自分で判断できるようになっていただきたいのですが、プロに相談する場合は、上記を参考にしていただけましたら幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

4 コメント

  1. ピンバック : インデックス投資の出口戦略① | 逆算で考える資産構築

  2. ピンバック : 「長期」「分散」「積立」投資のおさらい、ならびに確認 | 逆算で考える資産構築

  3. ピンバック : どのようにポートフォリオを組んだら良いか | 逆算で考える資産構築

  4. ピンバック : 海外ETFはどのようなポートフォリオを組んだら良いか | 逆算で考える資産構築

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です