おはようございます。さきしんです。

前回のブログにおいて、公的年金の「繰り下げ受給」に関して少し述べましたが、「繰り下げ受給」に関しては、今後、公的年金が生活していく上での基盤となる方にとっては、とても大切なポイントとなりますので、もう少し踏み込んでお伝えしたいと思います。

公的年金の2階部分とは

現在、公的年金は65歳から受給できますが、支給開始を繰り下げて70歳までの間に受給することもでき、「0.7%×繰下げた月数」が増額されて、一生、増額された年金を受給することができるとお伝えしました。

仮に、70歳まで「繰り下げて受給」すると、70歳からの受給額は42%増しとなります。0.7%×12ヶ月✕5年=42%

そのため、公的年金が、今後、生活していく上での基盤となる方にとっては、「繰り下げ受給」が選択肢のひとつになるのは間違いないと思います。

 

また、国も、公的年金の繰り下げ受給を奨励しておりますよね。

今年度から、50歳以上の方への「ねんきん定期便」のフォーマットが下記内容に変わりましたが、「繰り下げ受給」のメリットが大きく図で示されております。

しかしながら、「繰り上げ受給」の説明がなく、「繰り下げ受給」しか掲載していないことに、何らかの意図があると考えてしまうのは、わたくしの悪いクセです。

多くの方が年金受給を繰り下げてくれれば、それだけ支給(支払い)を後ろに延ばすことができるので、財政を考えると奨励しますよね。

 

世帯がある分、それだけ受給できる年金のケースも様々ですので、ここですべてを掲載するわけにいきませんが、また一般的なケースを挙げてみたいと思います。

(モデルケース)
被保険者:65歳、配偶者(60歳)有り。子供はいるが19歳以上とする。
公的年金(老齢基礎年金+老齢厚生年金)の受給金額は150万円/年

(ケース1)説明
65歳から公的年金を受給した場合、配偶者が65歳未満であれば加給年金も受給できるため、受給できる年金は1,890,000円/年なります。

5年後には、配偶者が65歳となり、加給年金は受け取れなくなるため、70歳以降の受給年金額は1,500,000円となります。

(ケース2)説明
70歳から公的年金を受給する場合、繰り下げ受給となりますので、42%増で受給でき、受給できる年金は2,130,000円/年なります。
配偶者は65歳になっているため加給年金は受け取れません。

このケースで計算しますと、65歳から受給する場合と、70歳から繰り下げ受給する場合では、受給開始直後の5年間は240,000円/年、その後6年目以降は630,000円/年も繰り下げ受給する方が多く受給できることがわかります。

 

これだけ見ると繰り下げ受給をして70歳から受給した方が良いと考えるかも知れませんが、下記にも考慮する必要があります。

①繰り下げ受給を待機している5年間で、9,450,000円(1,890,000円✕5年間)を受給することができる。
※利回り8%程度のファンドで運用すれば、756,000円/年の運用益が得ることがで きますので、繰り下げ受給のメリットはない。

②将来のお金よりも、現在のお金の価値の方が高い。
・早く受け取ることができれば、そのお金で運用して増やしていける。
・70歳になる前に死亡した場合、自分で支払ってきた年金は享受できない。

③70歳から繰り下げ受給した場合、損益分岐点は84歳となり、それより長く生きれば生きるほど得、それより早く亡くなれば損ということになります。

いかがでしたでしょうか。
考え方や世帯の状況によりますので、どちらが良いかは人により異なります。

ちなみに、わたくしは、自分は90歳までは生きると考えておりますが、いつ死ぬかは神のみぞ知るですので、65歳から受給する予定です。

公的年金は、自分が払った金額に応じて受給できる仕組みであり、死ぬまで受給できる終身保険のため、死んだら(自分は)受け取れないわけですから。

 

なお、以前のブログでも案内しておりますが、繰り下げ受給については、老齢基礎年金を繰下げずに、老齢厚生年金だけを繰り下げることもできます。

また、70歳まで繰り上げができるというだけで、65歳の誕生日(の前日)の翌月から、ひと月単位で繰り下げ受給が可能です。

冒頭でもお伝えしましたが、「繰り下げ受給」に関しては、今後、公的年金が生活していく上での基盤となる方にとっては、とても大切なポイントとなります。

それも踏まえ、今後のマネープラン、ライフプランを設計頂くと宜しいかと思います。

 

ブログランキングに参加しました。
みなさんに有益な情報を提供していく励みになりますので、
クリックして応援いただけますと幸いです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です