コンビニエンス・ストアは、多くの方にとって生活には欠かせない存在になってますよね。

皆さんは、コンビニで支払いをする際、何で支払っていますか?
現金、クレジットカード、それとも電子マネー?

わたくしは、QUOカードを利用しております。

なぜならば、セブンイレブンを利用される方で2.8%、ローソンを利用される方で3.8%、ファミマを利用される方で3.3%もオトクになるからです。

 

毎月10,000円くらいコンビニで買い物をする方であれば、年間3,360円~4,560円分お得に買い物していることになります。
昼食や夕食でよくコンビニを利用する方は、毎月20,000円くらいは使用していると思いますので、年間6,720円~9,120円分も得することができる訳です。

 

言い換えれば、その金額分の収入を得ていると同じことですし、その分の資産運用をしていることになります。実質利回り2.8%~3.8%の商品なんて、今の日本ではなかなかないですよね。

 

株や投資信託、FXなどで運用する場合は運用がマイナスになることもありますが、この方法はマイナスになることはありませんし、購入手数料や信託報酬などの手数料も掛かりません。

まさにやらなきゃ損!
これ、習慣化すると、結構大きいですよ。

 

そのやり方をお教えしましょう!

 

①まず、電子マネーの「nanaco」に登録。

クレジットカードを増やす必要はないので、nanacoカード(発行手数料300円(税込)・年会費無料)を持つか、アプリのnanacoモバイルをダウンロード(発行手数料・年会費無料)

お持ちのクレジットからチャージする(ここでは10,000円とします)

最近は多くのクレジットカードが1%前後のポイント還元を付けていますので、この時点で10,000円の1%、100円分GETとなります。

 

③次に、電子マネー「nanaco」にチャージした10,000円で、10,000円分のQUOカードを購入します。

10,000円のQUOカードを購入すると、利用できる金額は10,180円ですので、この時点で180円GETとなります。

わたくしの場合は、セブンイレブンをよく利用するのでここまでになるのですが、
それでも実質利回り2.8%の運用益となります。

④さらに、ローソンやファミリマートを利用している方にとっては、QUOカードで買い物をする際に、それぞれ「Pontaカード」や「Tカード」を出していただくと、「Pontaカード」は100円(税抜)ごとに1ポイント、「Tカード」で200円(税抜)ごとに1ポイント付与されますので、それぞれ100円分、50円分GETとなり、実質利回りで考えますと3.8%、3.3%の運用益となる訳です。

 

「nanaco」にチャージするという手間はありますが、それでも2~3分で終わる作業です。

 

チリも積もれば山となる。

よくコンビニを利用する方は本当にやらなきゃ損だと思います。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です