多くの日本人にとって収入源はひとつだと思いますが、その唯一の収入源である給与所得は、

日本円で受け取っていますよね。

 

それなのに、資産も日本円だけで所有しているのは、日本円に偏り過ぎです。

中には、給与を受け取っている会社の自社株まで購入している方もいらっしゃいますが、その状態はかなり危険だと思います。

 

もし日本円の価値が下がった場合、資産の価値はすべて下がります。

前回のブログで確率は低いと案内しましたが、預金封鎖のリスクもゼロではないですよね。

会社が倒産すれば、給与はもちろん受け取れないですが、自社株も紙屑になってしまいます。

 

いままでの時代とは違います。

日本の国力は落ちてきておりますし、大企業でさえ潰れることのある時代です。

 

 

投資の世界では、卵は一つのカゴに盛るな」という格言があります。

 

すべての卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれないが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落とし卵が割れてしまったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずに済むというものです。

 

これと同じことで、すべての資産は日本円だけで持たないようにすることをお勧めします。

できれば半分くらいを、外貨建ての商品で持った方が良いと思います。
もちろん為替リスクはありますので、日本円に戻すときのレートには注意が必要なのは付け加えておきます。

 

今後、ますます日本は少子高齢化、労働人口減少によって経済的に衰退していくわけですから、長期的には円安に向かうと思います。

しかしながら、為替相場を読むことはプロでも難しいため、わたくしにも、この先円安になるか円高になるかは分かりません。

 

だからこそ、資産を日本円だけで所有するのは危険なのです。

 

多くの日本人にとって、外貨建て商品を持つことは、まずは分散することが目的なのですが、海外には日本では考えられないくらい良い商品がたくさんありますので、日本の商品で運用しているよりも資産は増えます。

 

それぞれの方の事情によって、何が一番良いかは異なりますのでここでは安易に紹介できませんが、気になる方は、「お問い合わせ」ページより連絡ください。

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

2 コメント

  1. ピンバック : 「長期」「分散」「積立」投資のおさらい、ならびに確認 | 逆算で考える資産構築

  2. ピンバック : アセット・アローケーション(資産配分) | 逆算で考える資産構築

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です