こんばんは。さきしんです。

6/22公開のブログにおいて、暗号通貨による海外送金の話を取り上げましたが、その際、現在の海外送金もSWIFTという国際的な送金メッセージサービスを利用して、世界中のどの銀行にも資金(データ)を送ることができるようになっており、実際には現金を送っているわけではない旨をお伝えしました。

以前のブログでも、「お金とは何か」について記載をしましたが、その本質は、「信用」であり「負債」でしたね。

私も銀行から借入れをしておりますが、お金を借りる際に銀行券を手渡しで受け取りはしません。ただ、借入額が自分の預金口座に記帳されるだけ。
まさにそのときに新しいお金が創造されるのです(信用創造)。

お金とは何か。

みなさんも、受け取った「お金」は預金口座に預けてありますし(価値の保存)、その「お金」でモノやサービスと交換(決済)しますし、交換(決済)する際には、その値段に応じて、「お金」を支払いますよね(価値の尺度)。

お金は身近なものであり、実際に価値としての「役割」があるため、お金そのものに資産的な価値を感じてしまいますが、わたくしたちが使用している現金紙幣は、日本銀行の借用証書です。

何が言いたいかと申しますと、みなさんが持っている現金紙幣は、借用証書であり、紙切れということです。

 

ちなみに、2018年の大晦日に、一般家庭や企業、金融機関などで年越しした銀行券(お札)の残高は、合計で110.4兆円。

しかしながら、日本銀行が2018年8月に公開したレポートでは、日本の家計資産残高は1829兆円あるそうです。どういうことかわかりますでしょうか?

 

実際に出回っている現金紙幣の約16.6倍のお金が存在しており、しかもそれは単なるデータとして存在しているだけ、ということです。

みなさんが銀行に預金しているお金も、データとして通帳に記載されているだけなのです。

そんなの考えれば分かるよと言われそうですが、果たしてどれだけの方が、意識しておられますでしょうか。

 

このように考えることができれば、預金通帳にデータとして記帳してある数字にどんな意味があるのでしょう。
その間に、自分の代わりに働いて貰って、増やして貰った方が合理的ではないでしょうか。そして、より増える場所に置いておく方が、経済合理性があるのではないですか?

 

下図をご覧ください。

日米の国債で比較すると、直近は米国債の利回りが急激に下がってきておりますが、それでも、日本よりもアメリカの方が2.0%も高いです。

仮に、現在100万円の国債を購入した場合、日本国債から得られる金利を0円とすると、米国債の場合は、毎年20,000円得られることになります。

これが10年続くわけですから、米国債として置いておくだけで約200,000円増え、日本国債は0円のままということです(税金は考慮せず)。

 

しかも、これは単利で、且つ税金は考慮しないで計算しておりますので、もしオフショア(投資や事業によって得た収益に対して税金がかからない場所)で運用すれば、この米国債は200,000円増えるのではなく、219,000円に増えることになるのです。

そして、金利差が大きいほど、そして置いておく期間が長いほど、差が開いていきますので、なるべく早く、金利や利回りが高い、そしてオフショア(投資や事業によって得た収益に対して税金がかからない場所)に置いた方が得策です。

ちなみに、先ほどもお伝えましたが、みなさんの通帳に記載されているデータの置き場所を変えるだけです。

 

そして、もうひとつ。

ほとんどの方が、日本で働き、日本円で給与を貰っていますよね。

自分の資本(労働力)を日本企業に投下し、そしてその会社から日本円で給与をもらう。しかも、ほとんど増えていない日本企業の株に、日本円で投資する。

わたくしの先輩は、更に自社株も購入していましたから、それこそ、会社が潰れたら、給与を得る場所も、給与も、自社株に費やしたお金もすべて失います。

 

みなさん、自分の大切な卵を、すべて日本というカゴに盛ってますよね。

もし転んだら、どうします?

 

 

ブログランキングに参加しました。
みなさんに有益な情報を提供していく励みになりますので、
クリックして応援いただけますと幸いです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です