私たちは毎月、年金保険料をいくら払っているのか?

以前のブログで、国民年金保険料は月額16,340円(平成30年度)を納めているとお伝えしましたが、民間企業や官公庁等に雇用されている人が、厚生年金保険料や健康保険料を毎月いくら払っているかご存知でしょうか。   …

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

「ねんきん定期便」で、将来、公的年金をいくら受け取れるか確認してみた(厚生年金編)

2階部分は「厚生年金」、(老齢)厚生年金とも呼ばれ、次の①~③の要件をすべて満たしている方に、国民年金=(老齢)基礎年金の上乗せとして支給されます。民間企業や官公庁等に雇用されている人が加入する年金です。   …

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

「ねんきん定期便」で、将来、公的年金をいくら受け取れるか確認してみた(国民年金編)

公的年金には、3種類あり、その人の働き方により加入する年金制度が決まっています。 そして、よく家にたとえられて「1階建て」「2階建て」「3階建て」で分けられますが、当然、「1階建て」より「3階建て」のほうが、受け取る年金 …

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

このブログをはじめようとしたきっかけ

先日、ファミレスで食事をしていた際に、隣のテーブルの話が聞こえてきました。 自分は本を読んでいたのですが、自分の興味がある話題でもあり、気づいたら本の内容は頭に入らなくなってました。 高齢者夫婦に対し、中年の女性が投資話 …

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

このブログをはじめようとした理由

それは、皆様に、投資に対して正しい知識を身に付け、自分や家族のこれからの生活に必要な金額を計算し、その中で足りない金額を、その人に適した運用をして欲しいからです。 その人に適したとは、家族構成、世帯年収、日々の生活費や子 …

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。

現在は、太陽光発電事業、海外投資(ファンド、保険)をメインに 資産を構築

はじめまして。 現在は、太陽光発電事業、海外投資(ファンド、保険)をメインに資産を構築しております。 太陽光発電事業では毎月安定した収入が20年間続き、海外ファンドや保険では複利での運用を利用し、ゆっくり時間を味方につけ …

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。